徳田八十吉|陶芸|柳雨軒|石川県|小松市|金平町

 
 
  2016-11-30 徳田陶房へのお問い合わせに関して
2018-06-22 山口井筒屋 四代 徳田八十吉展 2018年8月22日~8月28日
  2018-07-26 NHK BS プレミアム 美の壺 再放送 8月17日 8月24日
  2018-06-22 神戸そごう 四代 徳田八十吉展 2018年7月10日~7月16日
  2018-07-02 北國新聞記事 2018年7月2日 NYで着物パワー実感
  2018-06-20 月刊北國ACTUS 2018年7月号 九谷からの順の風
  2018-06-20 博多大丸 四代 徳田八十吉展 2018年6月20日~6月26日
  2018-06-18 第43回 古九谷修古祭 2018年6月23日~24日
  2018-06-01 北國新聞記事 2018年5月30日・31日 石川の伝統工芸展
  2018-05-15 第57回 日本伝統工芸富山展2018年5月25日~6月10日
  2018-05-21 岡山高島屋 四代 徳田八十吉展 2018年5月30日~6月5日
  2018-05-24 第59回 石川の伝統工芸展 2018年5月30日~6月4日 名鉄エムザ
  2018-05-24 北國新聞記事 2018年5月24日 第59回石川の伝統展入選発表
  2018-05-17 第15回 石川県陶芸協会作品展 2018年5月8日~6月24日
  2018-05-09 第58回 小松美術展 2018年5月9日~5月15日
  2018-04-19 月刊北國ACTUS 2018年5月号 九谷からの順の風
  2018-04-19 第41回 伝統九谷焼工芸展 展示スケジュール
  2018-04-27 婦人画報6月号 新連載 第1回 美を紡ぐ人のきもの
  2018-04-27 第44春号 青山学院女子短期大学同窓会会報
  2018-04-17 北國新聞記事 2018年4月17日 緋龍奉納
   
徳田八十吉は、従来の九谷焼のように、絵柄(山水・人物・花鳥風月)ではなく、色の配色のみで作品を仕上げてるのが大きな特徴です。約200を超える色を使い分け、色の濃淡(グラデーション)によって作品を仕上げる技法「彩釉(さいゆう)」を生み出しました。
また、多くの作家は、従来より上絵の焼成温度は900℃前後でしたが、徳田八十吉は、上絵付けを1000℃前後で焼成していることも特長です。高温で焼成すると、深い色味が出るのです。
作品の形状はロクロ成形で、面取成形などを施し多種多様のものがあります。
紺系の色釉を中心に、絶妙な濃淡を使い分け作品の深みを出しています。

 
 

歴代作品

歴代作品
   
初代
  万歳楽
 
   
三代
  耀彩鉢・黎明
 
 
四代
     彩釉鉢「昇龍」
 
徳田八十吉陶房 
お問い合わせ先
FAX.  0761-41-1243
068340
<<徳田 八十吉>> 〒923-0153 石川県小松市金平町新五番地 TEL:0761-41-1234 FAX:0761-41-1243