徳田八十吉|陶芸|柳雨軒|石川県|小松市|金平町

 
   
徳田八十吉は、従来の九谷焼のように、絵柄(山水・人物・花鳥風月)ではなく、色の配色のみで作品を仕上げてるのが大きな特徴です。約200を超える色を使い分け、色の濃淡(グラデーション)によって作品を仕上げる技法「彩釉(さいゆう)」を生み出しました。
また、多くの作家は、従来より上絵の焼成温度は900℃前後でしたが、徳田八十吉は、上絵付けを1000℃前後で焼成していることも特長です。高温で焼成すると、深い色味が出るのです。
作品の形状はロクロ成形で、面取成形などを施し多種多様のものがあります。
紺系の色釉を中心に、絶妙な濃淡を使い分け作品の深みを出しています。

 
 

歴代作品

歴代作品
   
初代
  万歳楽
 
   
三代
  耀彩鉢・黎明
 
 
四代
     彩釉鉢「昇龍」
 
徳田八十吉陶房 
お問い合わせ先
FAX.  0761-41-1243
063943
<<徳田 八十吉>> 〒923-0153 石川県小松市金平町新五番地 TEL:0761-41-1234 FAX:0761-41-1243